献血をしてみよう!について

memo医療関係に強くなる!

献血をしてみよう!

最近ではよく見かけるようになった献血募集の広告など!
電車の吊り広告などにもたまに献血募集の案内などをみますね!

そんな献血ですが、献血というのはどういった時に利用するために行うのでしょうか?

□凄く役に立っている献血!
献血というのは、血が減っている人に利用するケースが多いのですが、人は血液型があるように、人それぞれの血があるのです。
簡単に説明すると、A型の血はB型の人には基本利用できません!
それに、A型でも、細かく種類分けすることができます!
なので、献血をたくさんして、様々な血をストックしておかないと、もしもの時に大変な自体になるのです。
献血が始まったのは、かなり前ですが、血が足りなくて人の命が助からなかったという事件があったそうです!
それから、献血の大切さが知れ渡り、献血が多く行われているようです!
もし、献血をする機会があれば、勇気を振り絞って参加してみてくださいね!
人の役に立つってそんなに悪くないですよ!

献血を受けることで得られるメリットと参加基準

献血とは、病気や怪我などで血液を輸血しなければならない人に対し、無償で血液の提供するものです。血液は酸素や栄養の運搬や免疫など、人間が生命を維持するために欠かすことのできない多くの働きを行っていますが、生きている細胞であるため、長期間保存することは現状ではできません。さらに、医療は日々進歩していますが、血液の機能を完全に代替できる人工血液がないため、医療には輸血が欠かせないのです。輸血には、血液製剤を作るために行うものと、血小板や血漿を採るものがあり、健康な方であれば、行っても体に影響を与えることはありません。しかし、体調が悪かったり、健康状態が良くない時に行うと健康に影響するケースもあるので、安全性を確保するために様々な基準があります。体長が悪い、3日以内に出血を伴う歯科治療を受けた、海外から入国して4週間以内である、1980年から1996年の間に英国に通算31日以上滞在した、24時間以内に予防接種を受けた、ピアスをあけて1ヶ月以内、また6ヶ月以内に器具を共用してピアスをあけた、輸血や臓器移植を受けた、B型、C型肝炎ウィルス保持者、エイズ感染の可能性がある、性病やC型肝炎、マラリアにかかったことがある場合は受けることができません。献血はボランティアですが、無料で健康診断と同様の血液検査ができますし、お菓子やジュースをもらえる、体内から血が減ることで体が血を作るために代謝がよくなる、などのメリットがあります。

おすすめWEBサイト 5選

お揃いパーカーに関するページです。オリジナルTシャツ・ウエアのプリント・作成なら【クラTジャパン】にお任せ下さい。

お揃い パーカー

カーテンで迷ったら、東京の「カーテンのデコ」のホームページ。そしてブログに来て見て、目からウロコのステキなヒントがたくさん!

オシャレなデザインのスタイルカーテン

デザイン豊富な表札の通販